MENU

白髪染めを使う前に!アレルギー反応をする人が知っておきたい5つのコト

白髪染めにはアレルギーが出てしまう可能性はゼロではあります。その理由をピックアップしました。

 

ジアミン系化学物質が原因

白髪染めでアレルギー反応が出るのは、ほぼジアミン系の化学物質が原因であることが殆どです。
もっとも症状が出やすいのは頭皮で、赤みや湿疹、かぶれなどの症状が出ます。
アレルギー反応が出た場合はすぐに使用を禁止しましょう。

 

 

パッチテストをしてから使う

パッチテストを腕の内側などにして48時間しっかり時間を守って白髪染めを行うと安心ですが、それでもアレルギー症状が出るケースもあります。
パッチテストをクリアしたからといって、絶対安心というわけではありませんから注意しましょう。

 

 

洗髪のしすぎで頭皮が弱っている

シャンプーをしすぎて、頭皮がもともと弱っている女性が白髪染めをするとアレルギー反応が出るケースもあります。
頭皮バリアの状態が良くない場合は白髪染めを遅らせるようにしましょう。
顔がパンパンに腫れることもありますから、アレルギー反応をあなどってはいけません。

 

 

フェニレンジアミンがアレルギーを起こす

ジアミン系の化学物質ですが、これによってアレルギー症状が起こる可能性が高いです。
パッチテストをしないで使ってしまうと後から取り返しのつかないことになりかねませんので、しっかりパッチテストはすること、メーカーが変わったら行うことが必要です。

 

 

ヘナによるトラブルもあり

天然成分であるヘナで白髪染めをする女性は増えてきましたが、実はこのヘナでもアレルギー反応が起こる可能性があると言われています。
実はジアミン系が入っており、それに気付かず使ってアレルギーが出たというものです。
ですから白髪染めを使う場合は成分表をしっかり読む必要があります。
ヘアダイという成分が入っているものはNGと考えておきましょう。